プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

柴田の考えるプロレス

2019/09/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

柴田勝頼直撃インタビューが全文無料公開されています。

【無料公開!】「『ヤングライオン杯』と言いつつも、
実際は道場同士の“対抗戦”ですよ」“LA道場コーチ”柴田勝頼に直撃インタビュー!

張り手とエルボー

上のインタビューで気になった点は、

柴田がLA道場生に基本的なことしか教えていないという点です。

エルボーも教えていないとのこと。


そこに注意して見てみると、

LA道場生たちは皆打撃の構成が、

エルボーではなく、張り手やチョップで行っていることが多いです。

これは柴田の教え方が昔ながらの野毛道場の教え方なのでしょう。

 

わかりやすく音の出る張り手、逆水平、チョップの方が、

フレッシュ感があり、ガムシャラに見えます。

一方エルボーの方が技としては音が出ない分、

張り手よりも高度な技なのかもしれません。

 

チョップとエルボーなんて比較したこともありませんでしたが、

もしかしたらそんな違いがあることに柴田のインタビューから伺えました。

ヤングライオンとアピール

また柴田は野毛のヤングライオンがアピールが多いといってます。

またそれは「逆順序」でプロレスを学んでしまっているとも。

 

確かに日本のヤングライオンたちは技が決まった後に、

ガッツポーズや叫んだり、そういう表現をすることがあります。

 

しかし、アピールをするということは、

相手から視線を逸らして、会場のお客さまに向ってするわけです。

それは真剣勝負を表現するプロレスラーにとって、

最初に覚えることではないという柴田の考えでしょう。

だから逆順序であると。

 

勝ちたいのなら、間を置かずに攻めて、

アピールする暇があったらストンピングやフォールに行けと。

ガムシャラに攻めることが若手のフレッシュさを見せ、

勝負を表現するということなのでしょうね。


アピールの功罪

アピールはベテランになり、

上手くなった選手がやると本当に盛り上がります。

内藤なんかその良い例だし、

矢野やマーティ・スカルは会場が湧きますよね。

 

しかし、だんだん変なアピールになってしまった選手が二人。

オカダとYOSHIHASHIです。

二人に共通するのは、

試合序盤でたいした技が決まったわけではないにも関わらず、

過剰に声をだし「オ~イ!」「アアアアアア!」などと叫ぶこと。

 

昔のレインメーカー時代のオカダは淡々と間を置かずに、

技を出して相手を追い詰める姿が恐ろしくも強く、そしてかっこよかった。

アピールは少なく、それゆえにレインメーカーポーズを取ったときの、

試合の終盤感がすさまじく、試合の進行に目を見張りました。

 

しかし最近では入場時の小走りでウロウロしたりする王者らしからぬ挙動や、

試合後のマイクでのIKKO風の、「1勝目~!」など格好良くありません。

これは一時期の内藤フィーバー時、

オカダが絶対王者でいてしまったことに弊害があるかもしれません。

 

オカダのアクションでは会場が盛り上がらなくなったり、

ブーイングがオカダに浴びせられたり。

その頃からオカダは迷走し始めた印象があります。

 

私の好みから外れただけと言えばそれだけではありますが、

皆さんは昔のオカダの雰囲気と、

今のオカダのキャラクターに何を感じていますでしょうか。

真剣勝負

柴田のプロレスラーとしての雰囲気、佇まい、挙動に、

私たちは試合が真剣勝負であると感じることができました。

 

皆さんは最近、同じ選手同士がマッチメイクされてしまうことには、どうお感じでしょうか。

オカダ対SANADA、飯伏対内藤なんて今年何回やっているんだよと。

 

「この前負けたから今日はコッチが星返しだな」とか、

「ベルトがかかってないから、コッチがかつな」とか、

そういった冷めた目で見ることが私は多くなってしまいました。

 

試合が白熱すればそのような思いも払拭されます。

しかし、昨今の30分越えの長丁場のタイトルマッチでは、

我々視聴者側の集中力も途切れ、ついスマホ見てしまったり。

 

柴田の試合のほとんどが20分前後で終わっていたことも、

昔の新日本の試合ペースで時間間隔を考えていたのかもしれません。

ダレずに見る側が見逃すまいと集中できるのは、

一試合20分くらいがちょうど良いと私は思います。


最後に

昨今の新日本では薄れてしまっている、真剣勝負の雰囲気作りこそ、

まず最初に構築しなければならない最重要ポイントなのかもしれません。

今回のインタビューで柴田が語ったことは、

若手に対してだけではない、

新日全体の試合の雰囲気にも当てはまるのではないでしょうか。
↓現在のこのブログのランキング

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.