プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

ランス・アーチャーのシングル戦

 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

新日プロ真夏の祭典G1クライマックス、

今年は新規参戦の選手が多い印象です。

 

しかし、中でもタッグ戦線ばかりでシングル戦があまり組まれなかった選手、

ランス・アーチャーに今回は注目していきます。


キラー・エリート・スクアッドK.E.S.)」

今までおなじみだったのは、アーチャーと、

今や新日参戦の無くなった、デイビーボーイ・スミス・Jr.とのタッグ、

K.E.S.(キラー・エリート・スクワッド)でしょう。

 

何度もIWGPタッグ王座に着いており、

タッグでは最強チームの一角でありました。

 

しかし、現新日プロのタッグ王座は正直ファン目線からすると、

シングル戦線で目立たせて上げられない選手

もしくは、まだシングルの実力が不足している選手の救済措置に見えます。

前者はEVILSANADA組、後者はロッポンギ3Kといったところ。

 

KESもシングル戦線では活躍させてあげられない変わりに、

タッグでは強いチームという位置に封殺していたようにも見えます。

去年までのK.E.S.

去年までアーチャーは入場時お客さんに水を吹きかけるパフォーマンスが有名でした。

また、子連れ客に近づいて、お子さんを怖がらせるなど客いじりの面白さで目立っていた印象。

 

オカダの奥さんであるみもりんも水をかけられたことがあるらしく、

ラジオで「ランス・アーチャー許さない~」といってましたw

 

しかし、最近はどちらもなりを潜めています。

残念な気がしますが、苦情が入ったのならやむなし。

 

 

スミスはパワーファイターに見えながらも藤原組長に師事したり、

グランドテクニックをしっかり練習していたようです。

それは試合でも時折垣間見えてました。

 

鈴木軍のヒールキャラではありましたが、

本人は正統派のプロレスをやりたいんじゃないかなと見えました。

 

どうもヒールが最後まで板につかず、

何か中途半端な印象で新日に来なくなってしまったのが残念です。

今度もし来るときはヒールでなく正統派レスラーとして見てみたいなと。

G1のアーチャー

今年久しぶりにG1参戦をしているアーチャー。

髪を赤に染め、心機一転、フィニッシュも新しく、

EBDクロー(アイアンクロー)にしたのもいいですね~

 

立ちで相手の頭を掴み、ダメージを与えて、

グラウンドに移行する二段階のアイアンクローは今までみたことありません。

 

グラウンドに持ち込んだらヤバイという技の展開は、

SANADAのスカルエンドとも同じで、

わかりやすく相手の追い詰めている表現として素晴らしい。

ここまでオスプレイ、ファレに勝ったのもうなずけます。

対KENTA戦

7.18後楽園大会の公式戦でアーチャーはKENTAに負けてしまいました。

しかし、試合はほぼほぼアーチャーペースで、内容では明らかに勝っていました。

 

序盤からKENTAに蹴りで攻めさせて、逆転時はパワーで一気に押し返す。

場外ではあの2メート越えの長身からエプロントペコンヒーロを繰り出し、

意外な攻めも出せる幅のある攻め方。

その場では、KENTAの倒れている際に、

実況席や客を煽り場をつなぐ生真面目さ。

いままでタッグばかりでイマイチ分からなかったシングルの技術が凄く伝わりました。

もしくは今回のG1で急激に覚醒したのか、果たして。

 

逆にKENTAはキックばかりの単調な攻めになり、

ヒデオ方面のアピールは薄くてよかったのですが、

終始攻めあぐねている印象でした。

中盤でも逆転のタイミングで繰り出されるのはキックばかりで、

またキックか、と何度も思ってしまった。

 

体の大きなアーチャーの方が器用さや、

試合巧者振り、技の幅の広さを表現できていたのと対照的に、

KENTAは体が小さいのに、不器用で技の幅の狭い選手なのに、

なぜか強引に勝ってしまったように見えて勝敗に納得出来ませんでした。

 

このままではKENTAは棚橋だったから手が合った、

飯伏やアーチャーとはスイング出来なかったという印象です。

ちょっとまずいですね。


最後に

シングルの連続で選手の真価が問われるG1クライマックス。

ランス・アーチャーに期待しつつ、

KENTAもっと面白いもの見せてくれと思った7.18後楽園大会でした。


プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.