プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

オスプレイは所属したのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

先日のベストオブスーパージュニアで鷹木を破り優勝したウィル・オスプレイ。

すさまじい試合でしたね、鷹木の引き出しの開け方も凄かった。

どちらが勝ってもおかしくない好勝負でした。


ニホンに引越しシマス

勝利後のマイクパフォーマンスで印象的だった、

「ワタシはニホンに引越しシマス」という発言です。

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/njpw/1422114/

 

当日は入場時に日本刀をドラゴンスレイヤーとして持ってきていたのは、

日本に住むということの伏線だったのかも知れませんw

 

いままでオスプレイはイギリスと日本を行ったりきたりの新日マット参戦でした。

旅の疲れやコンディションの維持も大変だったことでしょう。

奥さん(彼女といううわさのスターダム所属の女子プロレスラーのビー・プリーストリーか?)

も既に日本で生活していると一夜明け会見で語ってましたし、

いっそ日本に住んでしまった方がレスラーとして成功すると決断したそうです。

 

家族は心配だけど、イギリスでのプロレスのビジネスの規模と日本を比べてもいましたね。

本国ではプロレスラーの人気が低いそうです。

イギリスではあまり必要とされていないけど、

日本ではたくさんのお客さんの声援を浴びることができるということも話していました。

レスラーならば日本の方が故郷よりも充実した人生を歩むことができると踏んだんでしょうね。

新日所属契約なのか?

気になるのは、オスプレイが新日と所属契約をしたのかということです。

この契約がポイントでして、今までは完全所属ではなかったでしょう。

ビッグマッチやスーパージュニアのみの参戦でしたからね。

日本に住むということは新日と所属契約をしたか、来年する確率が高いと思われます。

 

もし2年でも契約できたら、見えてくるものがあります。

それはヘビー級のベルトです。


所属契約とベルトや優勝の関係

今年NEVER戴冠時、オスプレイはヘビー級の選手と戦い、勝利も挙げて行きました。

ジュニアの枠には収まりきらない選手ということも充分過ぎるほど伝わったでしょう。

目指すはヘビーのベルトという野心も見えます。

 

今年飯伏は新日に所属契約をしました。

するとどうでしょう、過去取って無かったインターコンチのベルトをすぐに戴冠できました。

新日のヘビーのベルトやニュージャパンカップやG1などの優勝は所属しないと取ることは難しい。

 

実はジュニアの方が風通しがよく、新日所属でない選手でもスーパージュニア優勝や、

IWGPジュニアのベルトを獲る事ができます。

 

これはライガーが新日マットに他団体の選手を上げ、なおかつ活躍させた歴史が物語ります。

ライガーが自らトップ選手でありながら勝ちすぎないバランスで戦って、

一強にならずにいろんな団体の選手の株を上げてきたわけです。

 

ですがヘビーは未だに所属しないと最高権威であるIWGPのベルトは巻けないと思います。

ビッグスターであれ、インターコンチが限度でしょう。

ジェリコがオカダを倒せるか見ものでありますね。

ジェリコほどのスターならすぐ回収を条件に巻かせてもいいのかなとは思いますが…

 

またIWGPを獲るという事は新日、ひいてはブシロードの広告塔の一人になるということです。

オカダや棚橋がいろんなCMに出たり広告キャラをやってたりするのは、

チャンピオンの時期が多いですね。

 

また内藤が来年の1.4でIWGPを巻けそうなのも、

その日からロスインゴ主役のスマホのアプリゲーが始まるからです。

 

いつ辞めるか、こなくなるか分からない所属契約してない選手に広告塔は任せられません。

ケニーが離脱したことで、バンドリのケニーCMはもう打てないですからね。

本人がゲーマーというのもいい宣伝だったんっだけどなぁ(アクションゲームばかりだけど)

外国人トップの座

今現在は外国人選手のトップはジェイ・ホワイトでしょう。

IWGP戴冠もし、若くしてトップ戦線の4強に入ったわけですが、

インサイドワークや客の煽りは上手いのですが、試合がいまひとつ盛り上がらない印象。

 

これは外人トップがAJ、ケニーと二選手続けてパワー、技、空中戦という華やかな試合のできる選手だったため、

パワーやテクニックはあるものの、試合の魅せ方がまだ充分に確立できていないジェイは少し派手さがない気がしてしまうのも無理ありません。

ジェイにはまだ発展途上という見方を私はどうしてもしてしまいます。

 

その点、オスプレイはAJやケニーに近い派手な技の試合構成ができるレスラーです。

IWGPヘビーを狙うには充分過ぎるポテンシャルを既に持っています。

っていうかオカダに負け続けているので、今度戦うときには勝ちやすいと思うのですが、

SANADAの件もあり、楽観視できないのがオカダ政権が無敵モードに入った時の悩みw


最後に

オスプレイ自身さらに成功するためには、ヘビーのタイトルは必要。

上背もあり、もっと筋肉を付けたらヘビーに上がるのは容易でしょう。

日曜のタイトル戦、ジュニアベルト最後の戴冠になりますや否や。

 

オスプレイ戴冠→鷹木戴冠、オスプレイジュニア卒業というベタベタな流れは果たして…

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.