プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

オカダに赤信号

 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

だいぶ遅れてしまいましたが、新日本プロレス、5.4福岡大会のタイトル戦、

オカダ対SANADAの感想を述べていきます。

以前に書いた記事よりも思うことがあり、

もう一度現状のオカダを考えてみたいと思います。

オカダに黄信号




オカダとSANADA、5勝0敗

オカダに対してSANADAは全敗という結果になりました。

結婚やその後のタイアップの都合上オカダが負けるわけにはいかないようですが、

過去にないほどにSANADAの全てのパラメーターが高まっているのに勝てない。

SANADAに何が足りないのかと言ったら「機」しかないと思います。

そのくらい今のSANADAは完成しているように見えました。

初対決の衝撃

そこで最初の対決である2016年5.3を見てみましたところ、大変に驚きました。

それは、オカダが今と比べ物にならないくらいめちゃくちゃ強いのです。

動きはシャープでスピード、ジャンプ力、パワーの全てが凄い。

SANADAに何もさせない勢いでボコボコにしていました。

ぜひ皆さんも2016年のオカダを見返してみてください。

 

途中には一切息切れせず、変な声も上げない、クールで圧倒的な王者の試合展開で、

17分くらいでテンポよくフィニッシュ、面白い試合でした。

あまりに強いのでアンチが出そうではありますが、

明らかに対戦相手SANADAよりも強くかっこいい憧れる試合振りに驚きました。

 

逆にSANADAは全くダメで、新日での湧かせ方もまだつかめてない感じ。

現在は当たり前のパラダイスロックもまだ習得してないころで、

地味な若い味のない選手という感じでした。

5.4福岡IWGP戦

正直現在、今回のオカダの試合振りはヤバイ。

  • 好みですが、途中で発声する叫びがかっこよくない。
  • これも好みですが、技前の手拍子でリズムとるのがダサい
  • 10~15分くらいでスタミナが切れ明らかに動きが鈍る
  • 20分過ぎると一発技出しては寝て休憩
  • 技が連携にならない
  • 終盤の攻防のスピード感がない
  • ドロップキックの高さがない
  • レインメーカーが手撃ちで力が入ってないときがある

それもこれも現在のタイトル戦の異常な長さも選手達に負担をかけ過ぎてる印象です。

しかしこの試合は終始SANADAの方が余裕ある試合運びとスタミナで終盤まで動きがよかった。


今後のオカダ

正直早々にトップ戦線から外れて欲しいです。

結婚もして大事な体、みもりんに心配をかけさせないで欲しい。

 

長丁場の危険試合は極力少なくして、20分くらいで凝縮された試合を!

全日の四天王プロレスの残した教訓を活かし、

選手ができるといっても止められるような新日になって欲しいです。

 

昨今、柴田、本間、ヒロムなど大怪我が続いています。

また、棚橋、内藤もヒザ、全身に故障があると思うので、

あと数年で若い選手への世代交代をして欲しいです。

選手第一を考え試合のインフレを止める団体になって欲しい!


プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.