プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

旗揚げ興業に外人同士のメイン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

2019年3月6日に行われた新日本プロレスの旗揚げ記念興行のメインが、

なんと外国人同士の試合だったことに驚きました。

 

普通に考えたら、少なくとも最低片方は、

棚橋、内藤、オカダの三選手のうち一人は入るはず。

最後のマイクでしっかり締められる人選ではなく、

IWGPチャピオンとは言え、未だに勝った後に微妙な空気になるジェイを、出す意味を考えてみました。


やはりIWGPチャンピオンだから

当然といえば当然ですがIWGPをジェイが持っているから。

しかも、対戦相手は絶対負けなくてはいけない。

旗揚げ記念で負けてもしかたないので、

棚橋、内藤、オカダとは戦えないわけです。

ジェイ・ホワイトのため

ジェイはチャンピオンとしてはまだまだ修行中とも見えます。

日本語を使わないので、マイクが微妙。

 

また、インサイドワークなどの技術はいいものを持ってますが、分かりにくい部分が多いです。

オスプレイのトペスイシーダを受け流すのは凄いのですが、

一度見てもよくわからず、リプレイでおおっと思いました。

 

強さも上手さも分かるのですが、試合に華やかさがないので、

あと一歩盛り上がりに欠ける印象なんですよね。

 

まだまだ若い彼に少しでも大舞台の経験をつませるために、

今は一つでもメインの試合をやらさないといけませんよね。

マジソンスクエアガーデンも控えてますしね。

外国人選手にもチャンスはある

今回の旗揚げ記念興業も当然全世界に発信してるわけで、

世界中のプロレスラーに大きな意味を示せたのではないかと思います。

 

現在、AEWが旗揚げ間近です。

新日もAEWによって選手の移籍がかなりシビアな問題になっています。

もちろんWWEだって恐ろしい。

しかし今回の旗揚げ記念興業のメインを見た世界各国のレスラーたちはどう思うか?

 

「おい、新日は旗揚げ記念興業で外人対外人のメイン試合を組んだぞ、

もしかしたら俺たちにも新日ならないい扱いのワンチャンあるんじゃないか!?」

他のライバル団体へのけん制をこめてのカードではないのでしょうか?


最後に

主力選手の退団や、新社長の舵取り、若い外国人IWGPなど不安定な要素の多い現在の新日プロ。

これを払拭させるにはやはり、ジェイホワイトの育成が最重要でしょう。

彼が今後会場を爆発させられるレスラーになることを期待したいです。

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.