プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

何かを掴んだ石森太二

 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

現在個人的注目度の高いベルト戦線であります、

IWGPジュニアヘビー級タイトルマッチ。

現在チャンピオンの石森太二選手がどんどん覚醒していると感じるのは私だけでしょうか?

去年のベストオブスーパージュニアの活躍から注目度の高い選手とは感じていましたが、

タグチ戦以降、ついに一つ壁を超えた感があります。


タグチ戦での勉強

IWGPJr.王座戦石森対監督の素晴らしさ

タグチ監督が石森の黒歴史、アイドルユニット「セーラーボーイズ」を散々イジっていたのは記憶に新しいですが、

何が重要かって、今見ると恥ずかし面白いキープオンジャーニーの振り付けをネタにしたことではありません。

本当に大事なのは、相手選手を研究し、弱点や突破口になるかを見つけたことなんです!

 

タイトルマッチには前哨戦があります。

因縁やストーリーを構築して、王座戦が盛り上がるように、

ベルトがあり、ユニット抗争があるわけです。

普通はベルトのために相手をやっつけてやるというのが定石ですね。

しかしベルトは結果であり、手段、過程にするには現代プロレスでは少し弱い気がします。

そこで重要なのは、対戦相手としかできない攻防をすることです。

 

タグチ監督は石森を研究した結果、キープオンジャーニーを見つけ精神攻撃にした。

石森にしか無い過去を引っ張り出すこと(バラモン兄弟もですが…)、

つまり、王座戦の対戦相手としかできないプロレスをすることが大事だと知っています。

このことが石森に伝わったのではないかと最近思うようになりました。

ライガーと戦う意味

私が石森選手が一皮剥けたと感じたのが以下のツイートからです。

まさかまさか、獣神ライガーのコミックス版を読むという行動!!

すばらしい、ライガーとしかできないプロレスを発信しています。

正直なんのヒントも無いと思いますが(笑)、

当日石森がドルガ(ライガーのライバルのロボット)のマスク作ってきたら最高ですね。

 

そして次にこのツイートです。

これまたライガーが普段しているようなツイートの掟破りだ!!

ハート#謎のタグ使い♪が完璧じゃないか!

 

正直ライガーのツイートは変なハッシュタグの使い方だったりで、

「?」となることが多く、いつも突っ込まずにはいられなかったが、

まさかそこをネタとしてくる対戦相手がいようとは!

 

その行動に対してライガーの返しもさすがです。

自らネタの提供には恐れ入ります!

選手のいろんな面が一つ一つ重なってタイトルマッチが楽しみになるわけです。

昭和からプロレスをしているライガーが最新のSNSプロレスをやっていることにも脱帽


最後に

去年の怪我以来、それまでジュニアを盛り上げていた高橋ヒロム選手が未だに復帰してはおりません。

命にも関わることであるため復帰するのであれば、

万全の態勢でして欲しいし、無理なら引退も考えて欲しい。

 

ヒロム不在の今、ジュニア戦線を盛り上げることができたら、

一気に評価が上がると石森も考えているでしょう。

試合、バクステージコメント、SNSなどでしっかり話題作りができて、

当日はそれまでの伏線を回収するようなポイントを入れたら会場も視聴者も盛り上がれます。

チャンピオン石森太二の今後に期待大です!

 

 

もし良かったら下のランキングバナーをポチっとお願いします!
記事更新の励みになります!

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2019 All Rights Reserved.