プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

2018年 新日本プロレス個人的MVP

2019/01/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

前回は新日ツイッターでのMVP予想の記事を書きましたが、

2018年 新日本プロレスの“MVP” 予想

今回は私の個人的なMVPを3人選びます。

書いているうちに結果発表のある「新日本プロレス 大忘年会2018」が始まってしまった!

気にせず参ります。


第3位

ザックセイバー・ジュニア選手

 

今年の躍進が凄かった英国の匠。

ニュージャパンカップでまさかの、

内藤、飯伏、SANADA、棚橋を倒してのIWGPオカダ挑戦はあっという間の出世でしたね。

 

去年初めて見て、かつてないサブミッションの使い手として注目しておりました。

関節技って形が極まったらしばらく動かないのが普通でしたが、

ザックはどんどん変化、変形していくのが面白い。

腕を取ったと思ったら次は首そして脚と千変万化。

 

そして嬉しいのはコブラツイストや卍固めを繰り出してくること。

新日の象徴である猪木さんの代名詞ともいえる関節技を、

外国人選手が使うということに痺れますね。

黒のショートタイツで卍を繰り出す、昨今では柴田勝頼選手で感動した、

ストロングスタイルをひしひしと感じる姿に見惚れてしまいます。

 

またビーガン(菜食主義者)にも関わらず、

スタミナがあり、動き続ける体力があるのにも驚かされますね。

G1からの新必殺技セコンドのTAKAみちのく選手から伝授された、

みちのくドライバーII改め「ザックドライバー」も内藤選手をノックアウトしたほどの強力な技でした。

 

TAKAみちのく選手のマイクパフォーマンスもずいぶん定着しましたねぇ。

「JUST!TAP!OUT!」の大合唱が気持ちいです。

 

ワールドタッグリーグでの鈴木みのるボスとのグランドの攻防は見応えがありました。

鈴木軍、同門対決のすばらしさ

来年も大注目選手の一人です。


第2位

SANADA選手

身体能力の高さ、華麗な技を多数使う華のある選手です。

藤波辰巳、武藤敬司を師匠に持ち、

ドラゴンスリーパーの変形であるスカルエンドと、

ラウンディングボディプレス、そして多彩な丸め込みとフィニッシュ技を多数持っています。

 

新日ベビーフェイスの歴史の中でもトップ選手二人の技を使いこなしていますが、

こういうことって普通はうるさ型の旧来ファンは怒ってしまうのですが、

単体で使わず、フェノメノン式でスカルエンドに入ったり、

逆にスカルエンドから締め落としてラウンディングボディプレスに入るなど、

独自の組み合わせでどちらでもフィニッシュになるのがすばらしいですね。

そのような工夫があるので長年の新日ファンも認めているのでしょう。

*申し訳ないですが棚橋選手のドラゴンスクリューは、

返し技として便利すぎたり、その後の攻めにつながらなかったりとあまり好きにはなれません…

 

今年はIWGPを賭けてオカダ選手と戦いました。

負けはしましたが、さすがの試合運びで大いに沸かせてくれました。

今年はタッグベルトくらいしかタイトル保持できなかったので来年はシングルのベルトに挑戦して欲しいですね。

 

G1での対ザック戦では、あのサブミッションマスターを相手に、

グランドの攻防で優位に立つほどのテクニシャンぶりを魅せてくれました。

名言である、「 から落とすだけがプロレスじゃねえんだよ!」も炸裂しました。

 

EVILとともに先日ワールドタッグリーグを制し、2019年の1.4東京ドームレッスルキングダムには、

IWGPタッグのベルトをかけてGODと戦います。

ベルト奪取のその後のストーリー、誰と対戦するのか興味が高まります。

やっぱりゴールデン☆ラヴァーズと戦って欲しい…

第1位

タイチ選手

今年の内藤戦以降のヘビー級転向からどんどんと注目を浴びましたね。

内藤戦がスイングしてタイチに一気に注目が集まりました。

一時期の内藤選手を思い起こさせるような、

歯に衣着せぬ発言でファンの共感を集めました。

 

G1に出れなかったことへの「世紀の大誤審

NEVERベルトを後藤選手から奪ってのやりたい放題など、大暴れしてましたね。

ミラノコレクションA.T.市さんとの解説漫才は爆笑の連続。

チャッキーTを「ダイナミックT」とか出身が全日本プロレスだからって、

新日で全日ネタでふざけるのが面白い。

そこに突っ込みいれるミラノ氏もさっすが「ユニオーネ」というタッグを組んでただけあって息ピッタリ!

 

試合はヘビー転向してからは師匠川田利明選手のデンジャラス殺法を解禁して、

ステップキックやデンジャラスバックドロップや三冠パワーボムを繰り出すようになりました。

新日で全日ネタをするという今までにない表現法が熱いですね。

 

NEVER戦では勝利の後のディーバあべみほさんが泣いていたのも印象的で、

あまり新日内ではランクの高くないNEVERというベルトで有っても、

表現次第で注目も集まるし、盛り上げることもできるのは柴田選手の防衛ロードでも実証されてはいましたが、

まさかまさかタイチ選手に面白くさせてもらえるとは思ってもみませんでした。

 

しかも戦った後藤選手とのSNSでの舌戦で影響を与えたのか、

最近は後藤選手のマイクが面白くなっているという奇跡的事態に!

私は今年最も楽しませてもらったタイチ選手にMVPを贈りたいです!!

新人賞

SHO選手

去年凱旋してからYOH選手とともにユニット「3K」として売り出し中の若手選手ですが、

パワー系のジュニア選手で熱いファイトが印象的です。

特に良かったのが、ベテラン外人クリス・セイビン選手とのベストオブスーパージュニアでのシングル戦。

今年のベストバウトに推したいくらいのいい試合でした。

 

正直SHO選手はそれほど注目してませんでしたが、

試合巧者セイビン選手の試合構成に引っ張られるようにうまく流れを作って終盤大盛り上がり

セイビン選手は決して派手ではないのですが、すばらしいテクニックと構成力で上手さを感じるテクニシャン。

 

シングル戦での経験が乏しく、もしかしたら自信があまり無かったかもしれないSHO選手。

そのためか、試合に勝ったのに負けたセイビン選手の手を取り感謝を表すSHO選手に泣きそうになってしまった…

セイビン選手も親指を立てて「よくやった、それでいいんだ」と言っているかのようなしぐさ。

何かシングル戦の流れを掴んだSHO選手は今後も楽しみです。

 

YOH選手とのタッグがいまだにイマイチ盛り上がれないのが課題ですね、

合体技や連携攻撃がもっと上手くなっていって欲しい。

一年中タッグ組んでるのに、他の急造タッグの方が上手い連携してるのはね…


最後に

タイチ、SANADA、ザックの共通点に気づきました。

それは三人とも歴史を感じさせてくれることです。

本人たちの人生に深く関わったり影響のある選手や技を新日マットで繰り出すことに、

長年のファンの気持ちを掴んでしまう「エモさ」があるのだと思います。

去年は柴田のオカダ戦での猪木プロレスに感じたことと似ていますね。

 

今回当ブログ最長日記になってしまいました、

普段の二倍近い文章量に時間がかかりましたが、書いてて楽しかったです。

面白かったらポチっとお願いします!!

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2018 All Rights Reserved.