プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

WORLD TAG LEAGUE 2018 愛知県体育館大会

2019/01/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

2018年11月25日愛知県体育館で行われた新日本プロレス、ワールドタッグリーグの感想です。

新日本プロレスワールドでのネット中継観戦です。


 

第五試合、ロスインゴ対CAOS 6人タッグ

 

オカダの地元なのにも関わらず、内藤ロスインゴに送られる大声援。

二人が対峙したときも、やはり内藤へのコールが上回っているようでした。

 

ロスインゴ勢3人でスピーディで鮮やかな連携攻撃を多数決めていました。実況のミラノ氏も褒めてましたね。

対して長年タッグを組んでいるロッポンギ3Kの連携攻撃回数はその半分以下でした。

しかもオカダは3Kと合わせるCAOSでの合体技はほとんど出てませんでした。

このことから、ロスインゴの入念な事前ミーティングが有ったのではと予想できますね。

 

試合はオカダのレインメーカーでBUSHIが取られるというお決まりの展開。

メイン EVIL&SANADA 対 タイチ&ザックセイバージュニア

いや~いい試合でした。

EVILのパワー、SANADAの華麗さ、ザックの技術、タイチの小狡さ(笑)それぞれの良い点が出てましたね。

 

開場前に行った鈴木軍タイチとザックのファンクラブ撮影会は過去最高の250人が参加!

これタイチの過去最高ってだけじゃなくて、撮影会開始以来の最高の数字というのが凄い!

普段のタイチの話題の作り方、そして川田利明の弟子として師匠譲りのデンジャラス殺法解禁と、

今年のタイチは完全に何かを掴んだと見えますえね。

これが人気、そして数字、売り上げにつながっているわけです。すばらしいビジネスマン。

 

しかし、ロスインゴ二人も負けていません。入場時から大きな声援はもちろん、

特にSANADAに対しての応援がたくさん飛んでました。地元でもないのに凄い

こりゃ勝ったらお決まりの「ここ~が日本で一番好きです」マイクが出るのか?と期待してしまう。

あの関節の鬼ザックに対してグランドでうまく対応できるテクニカルなSANADA。

 

ロスインゴタッグは合体技のマジックキラーをフィニッシュではなくつなぎにに使うことで良くなりましたね。

フィニッシュには弱いけど、つなぎで使うなら充分な技だし、試合も大詰めになっているのがわかりますからね。

 

ザックの卍固めは何度観てもいい。新日で外人選手が猪木さんの必殺技を使うのがいいですね。

ロスインゴが鈴木軍を何度も追い詰めますが、最後はザックドライバーにタイチが天翔十字鳳を合わせて勝利。

いい合体技でした。勝利も納得。

 

正直どっちが勝ってもいい試合でした。

4人すべてのいい所が出て大満足の内容でした。


最後に

毎年この時期の新日は来年の1.4東京ドーム大会に向けての前哨戦と、

タッグリーグで少し盛り下がってしまうこともあります。

今この時期を沸かせることがEVILとSANADAの双肩にかかっているとも言えます。

何せ今月11月の29日、30日はどちらの後楽園大会もメインはこの二人が組まれているんですから。

面白かったらポチっとお願いします!!

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2018 All Rights Reserved.