プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

少年の夢、リングの上へ プロレスラー 内藤哲也 プロフェッショナル 仕事の流儀 

2019/01/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent




本日~ 密着取材番組が放映されます。

内藤選手は私のもっとも心惹かれるレスラーであります。

もっとも重要なのはお客様の心をつかむエンタメビジネスプロデュース力がきわめて高いということ。

 

ちなみにその才能は構成力にあるといってもいいでしょう。

点で終わらない、点と点を線で結ぶこと伏線や布石を打って最後に回収する。

つまらない脚本家なんか目じゃないくらいストーリー構成がすばらしい。

 

この番組の予告での内藤の言葉

「勝った負けたそんな小さい事で俺等この(プロレス)してないですよ」

深い、深すぎる。

 

現在のプロレス興行はいろんな面で勝ち負けは決まる。

その選手の地元開催ならメインで勝たせてもらえるし、

連続防衛記録があったら、それを越えるまで負けられなかったり。

時としてその勝敗は多数のお客さまの望むものでは無くなることだってある。

 

負けたって価値が下がらないレスラーが本物。

その選手がその試合までにバックステージコメント、テレビ、雑誌、SNSなどを駆使していかに盛り上げたか。

何を発信してファンを楽しませているのか。

考えて実行し、ダメなら次を探して行動する。

 

ベルトが無ければ輝けないレスラーはなぜ輝けないのか。

感情移入できないキャラのままでは、いつまでたったってダメ。

 

次回が楽しみになるストーリーのいいアニメ、ドラマ。

お客さま目線、お客さまが何を望むのか常に考えないと。

 

レスラーにかかわらず何かを発信する側、与える側は肝に銘じないといけない


面白かったらポチっとお願いします!!

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2018 All Rights Reserved.