プロレスの面白さ、コンビニの実態などを綴っていくブログです

新日本プロレスの観方・楽しみ方

2019/01/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

今プロレスが面白い…

ですがプロレスをあまり知らない人は何が面白いかわかりにくいかと思います。

私は高校である先生に「男が裸同士で戦っている意味が分からない」といわれたことがあります。

確かに色々と謎なことが多いと思います。

「勝敗は決まっているの?」

「関節技って痛いの?」

「なんでこの選手は人気があるの?」

「テレビで観る蝶野って現役なの?」

等々など…

 

今回はファンはどのように楽しんでいるのか、どこを楽しめばいいのかをか書きたいと思います。


プロレスって?

打撃、関節技、投げ技などを使って二人以上の人間が戦う興行です。

ルールがあり、反則などが有りますが厳密にはスポーツではなくショーであるという風潮です。

アメリカでは最大手のWWEという団体がスポーツではなくショーであると認めています

 

鍛えた体を使って攻めては受け、受けては攻め両肩がリングの地面について3カウント、もしくは関節技や締め技でギブアップをする、またはリングの外にでて20カウント以内にリング内に戻れないと負けになります。

スポーツかショーか?真剣勝負か八百長か?

昔は試合の勝敗が決まっているのかいないのかという八百長論争でファンとファンではない人が揉めたりもしていましたが、今ではその点はあまり重要ではなくなりました。

八百長問題では元レフェリーの人や選手が暴露したこともあったのですが、確かによくよく考えると、毎回本当に失神したり動けなくなるまで戦うわけありません。

翌日も試合かもしれないし、本当に潰してしまったらその後のスケジュールに響きますからね。

 

最近はこの技を受けたら試合が決まってしまうフィニッシュ技がありまして、急に試合が終わってしまうことが不自然に見えることも…

 

ただ、本当に憎くて試合中に怪我をさせてしまうこともあったり無かったりしますし、本当のところはグレーです。

いかに相手レスラーを憎んでいるように見せたり、チャンピオンベルトを欲しがったり、感情を表現することが大事であります。

そんなレスラーに客も感情移入できるわけです。

どう観戦するのか、どう観るのか

試合会場に脚を運ぶのはちょっとハードルが高いと思いますし、チケットだって安くありません。

まずはテレビ朝日で土曜の深夜に放送している「ワールドプロレスリング」を観るのがもっともお手軽ですね。

その番組は新日本プロレスを中継しています。

新日本プロレス(以下新日)は現在売り上げ世界第二位日本一位のプロレス団体です。

 

多数の所属選手とゲスト選手が居て、すばらしいレスラーがたくさん居ます。

まずは予備知識無しで観てください。

「見た目がかっこいい」

「技が凄い」

なんでもいいですので特定の選手を気に入ったらファンになる第一歩でしょう。

気に入ったレスラーが居たらネットで調べてもいいですね。


楽しみ方

楽しみ方は人それぞれだと思います。

姿をみるだけでも楽しいし、試合だけ見ても面白いでしょう。

 

少し知識がついて来たら、どのようなレスラーが何を売りにしているか分かってきます。

やはりそのレスラーのサクセスストーリーに期待するのが王道の楽しみ方でしょう。

大会で優勝することやチャンピオンベルトを戴冠するまでの流れを物語のように魅せることのできるレスラーに人気が集ります。

逆に、ただ試合だけをやって勝った負けただけで他に何もしないレスラーは強くても飽きられる傾向にあります。

 

「この人が気になる、この人のことをずっと見ていたい」

「このレスラーは懸命にやっているから上がって欲しい」

「なんか母性本能をくすぐられてしまう」

どんなことでも構いません、興味が出たら追っかけてみると、いつの間にか沼にずぶずぶとはまっていることでしょう。

新日にはいい選手がたくさん居るので、楽しめること請け合いです。

面白かったらポチっとお願いします!!

プロレスランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
anikipercent

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Anikiのコンビニプロレス , 2018 All Rights Reserved.